き.jpg

作者・首藤晃良の波乱万丈の人生の系譜と本展開催の趣旨

起、軌跡

こ.jpg

絵画とそのモチーフ。作者の 筆と古美術との響きあう関係

古美術

え.jpg

制作の際に用いてきた筆や机 などで画家のアトリエを再現

絵を描く場

05.jpg
N-99.jpg
ぬ.jpg

ヌードとピエロ

作者の大きなモチーフとなっている裸婦とピエロの作品群

こ.jpg

最も身近な画題としての家族。ともに過ごしてきた時の記録

個、子、恋

N-50.jpg
え.jpg

長年にわたって蒐集してきた コレクションの絵画や書画

絵に会う

08.jpg
会場レイアウトは大きく分けて6つのゾーンで構成されています。 それぞれのゾーンの展示オブジェクトは「き こ え ぬ こ え」そのものです。 できるだけ展示物を身近に感じられるように小さめのブースに区切り、リビングのような居心地としています。また古美術品は昨年収穫された特設のくにさき七島藺(しちとうい)の畳表にダイナミックに展示し、その野性的な香りとともに鑑賞いただけます。
※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。